患者の悩みを解決する薬剤師という職業

患者の悩みを解決する薬剤師という職業

薬剤師の仕事というと、薬局や病院などでクスリを準備し、説明をするだけの仕事だと思っていませんか。一般的には、そのような内容がよく知られていますが、実は在宅訪問などの業務内容の場合もあります。

 

これは、有資格者であり薬剤師が患者様のお宅や施設なども訪問し、薬の効果や副作用、食事や健康食品との影響などの服薬指導や病気などに関する悩みの相談を受けたりして、解決の方向に進むようにする仕事です。

 

薬剤師薬

 

これは、患者様とのコミュニケーションも大切なものであり、人と接する能力もかなり必要になります。飲み方や飲み忘れなどについても指導します。ですから、自宅や高齢者施設などで訪問診療を受けていたり、病院や薬局に自分で行くことが出来ない人はとても便利です。

 

薬剤師は、医師や訪問看護師、施設のスタッフやケアマネージャーと連携して、業務をしていくことになります。業務については薬剤師求人などで確認できます。薬剤師や医師、看護師、ケアマネージャーの訪問で別料金が発生しますが、患者様にとってはとても良いシステムです。

 

中には、自宅などに入るので、付き合い方や人間関係で大変な部分が有りますが、それでも需要があり、これからますます必要になってくることが予想されるので、重要な位置づけになっていくことでしょう。

 

 

仕事に悩みのある薬剤師に在宅の業務も

 

在宅勤務薬剤師

薬剤師の資格を取得すれば、その職業を必要とするさまざまなところで仕事が出来ます。しかし実際に業務を行うと色々な悩みも抱えてしまいます。勤務時間のことや業務内容、人間関係と色々ありますが、薬剤師としての資格があれば転職の可能性も大きく幅があります。

 

その中で在宅でも仕事が出来る業種もあるのです。おもな業務内容は外国から輸入される医薬品の仕様についての翻訳を行なったり患者さんのお宅訪問を行い薬剤管理指導を行うといったものです。

 

在宅で行うので薬剤の調剤は行うことはありませんが、薬剤師としての能力を活かし、医師や消費者から薬に関する問い合わせに対してメールや電話対応などを行うといった業務もあります。

 

今までの知識を活かして出来るこのような仕事があることで、自分の出来る環境で転職が可能になります。在宅で仕事が出来るようになると、たとえば家事育児を合わせてこなすことも支障なく出来でしょうから、仕事と家庭の両立もしやすくなります。

 

こういった求人ですがハローワークや求人情報誌では公開されていないので、薬剤師のの求人を専門に扱う求人サイトを利用して、こうした求人を探すことになります。インターネットで探す求人はより詳細な希望や条件を絞り込んで検索して探すことが出来るので自分に合った職種を探せます。

 

 

ドラッグストア(OTC+調剤)の特徴

 

最近の薬剤師のいるドラッグストアは、第1類医薬品(副作用、相互作用など特に注意を必要とし、購入者が、手にとって見る事が出来ないところにおかれていて、薬剤師が、対面で書面を使った説明して販売する物も)含む一般医薬品を販売しているところもあり、医師が発行する処方箋による調剤も併設しているドラッグストア(OTC+調剤)もあります。

 

一般医薬品は、健康の増進のためとか病気の初期の場合とか、原因の分かっている慢性の病気とか環境衛生を清潔にたもつために、薬剤師や登録販売者の情報提供を受けて、自分に責任で買い求め使用する薬品です。

 

一般医薬品のみ取り扱っているドラッグストアの求人があった場合、ブランクがあったり、未経験の薬剤師でも、薬品の知識を復習したり、スイッチOTCの勉強をするだけで、薬をのむ人に情報提供が出来ますが、調剤をしようと思えば、未経験の薬剤師では、困難があります。

 

国家試験に受かった薬剤師でも、35歳くらいまでに調剤薬局で調剤の経験をしておかないと、現在一般に流通している処方箋薬を正確に調剤するのは、困難です。

 

ドラッグストア(OTC+調剤)の求人に応募するのは、前もって調剤薬局での勤務をしておくべきです。その後独立して薬局をしたいとか、調剤薬局に一般OTC販売をしたい希望がある時は、ドラッグストア(OTC+調剤)の求人に応募して調剤以外の経営などを学ぶのもよい方法の一つです。

 

 

製薬メーカー(研究開発)の特徴

 

大学の薬学部を無事に卒業し、国家資格である薬剤師の免許を取得したら、調剤薬局やドラッグストアなどで薬剤師として働くことを考える人が多いでしょう。しかし、仕事はそれだけではありません。ほかにも民間企業などで働くという方法もあるのです。

 

以前は薬学部は4年制でしたが、今は医学部や歯学部と同様に6年制になっています。卒業した後にそのまま企業に勤めるとなると多いのが、製薬メーカー(研究開発)や医薬品メーカー(研究開発)です。

 

これは、新薬の研究などに携わる仕事です。国内・国外問わず、薬学部の出身の人がたくさん活躍しています。大学の就職課などにもそのような求人が多数きていることから入社競争倍率が高い状況です。

 

一方、企業の営業職として採用されて、調剤薬局などに営業する人もいます。また、メーカーの薬事部に勤める人もいます。薬剤師の有資格者であれば、有利ですので、調剤薬局の求人を見て、薬剤師の仕事に転職する人もいるくらいです。

更新履歴