薬剤師の業務

薬剤師の業務一覧

病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較薬剤師の職場としては実に様々な種類があります。しかし臨床の現場は医療の基本であり、その様な場所で働く仕事は薬剤師である以上は押さえておかなければなりません。全ての薬は医療の現場で用いられるものであり、病気を抱える患者のために役立てられるものなのです。その様な病院薬剤師の業務の中でも大きく分けて2種類の仕事の形があります。一つは病院の中で医療チームの一員として臨床...

需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容薬剤師として社会で活躍する道はいくつかあります。医療職としては珍しく職業選択の幅がかなり広く、色々な道を選ぶことが出来るのです。まず最初の選択肢としては製薬会社の仕事があります。業務内容は新薬の研究や効果の確認などの研究開発職や、新しい薬を社会に理解してもらい、病院で実際に使用してもらうMRと呼ばれる営業職があります。これらの仕事は成果主義であり、成果が上が...

薬剤師の労働環境薬剤師の労働環境ということですが、一般的には薬剤師の求人率というものは低く設定されているので、その分労働時間が短縮されている傾向にあるということがいえます。ただだからといって決して楽という意味ではなく、夜間勤務の有無や事業形態の差異によって労働時間は大幅に異なってきますのでそこの所を留意するかしないかで労働に対する認識が変わってきます。薬剤師としての仕事を全うしながらパートなどをつ...

病院での薬剤師の役割病院内で勤務をしている薬剤師の場合では、その役割として医師が指示をした処方箋によって、薬を調合、あるいは薬を用意することが基本的な仕事になります。病院の科目によっても大きく薬剤師の仕事が変わることになり、科目数の多い場合では非常に数多くの薬から、指示通りの薬を間違えることなく提供することが使命とされています。薬剤師は国家資格に分類されている大切な職業になりますが、実際に行われて...

薬剤師の服薬指導について薬剤師は医師の処方箋に基づき調剤を行いますが、その調剤行為を行う上でも、また患者さんに薬を安全にきちんと服用して頂く上でも服薬指導は欠かせません。例えば初めて受診や来局された患者さんの場合、調剤を始める前に患者さんの背景、例えば今他に服用している薬があるか、合併症やアレルギー歴について確認しなければ、その処方箋が適切か判断し調剤、監査することはできません。また、患者さんへ薬...

医療現場で働く人々人の命を救う医療現場では様々な人々が活躍しています。病院には、医師・看護師・薬剤師・救命救急士などが在籍しており、病気を治療したり、症状を改善させたりといった医療に関する技術・知識を経験と共に持っています。 医師は患者の診断・治療・手術を法律で出来るようになっており、治療や手術の技術や知識は医師の経験に比例しています。外科・内科・産婦人科・整形外科・高度救命救急センターなど対象と...