医療現場で働く人々

医療現場で働く人々

医療現場で働く人々

 

人の命を救う医療現場では様々な人々が活躍しています。病院には、医師・看護師・薬剤師・救命救急士などが在籍しており、病気を治療したり、症状を改善させたりといった医療に関する技術・知識を経験と共に持っています。 

 

医師は患者の診断・治療・手術を法律で出来るようになっており、治療や手術の技術や知識は医師の経験に比例しています。外科・内科・産婦人科・整形外科・高度救命救急センターなど対象となる患者や病気によって専門分野が細かく分かれています。 

 

看護師は医師による診断・治療行為をサポートする役目があります。医師のように患者を診断・手術を単独ですることは出来ませんが、医師の指示に従って、患者への治療を行うことが出来ます。

 

薬剤や介護方法など高度な医療技術・知識が要求されるため、看護師国家試験に合格した者が看護師として医療機関で働くことが出来るようになっています。

 

薬剤師は薬局やドラッグストアなど薬を扱っている場所で医師が出した処方箋に合わせて薬を出すというのが主な仕事になります。また、患者に薬に関するアドバイスを行うことも可能です。薬剤師になるためには大学薬学部に6年掛けて卒業し、薬剤師国家試験に合格して薬局などに雇われる必要があります。

関連ページ

病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較
病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較では、病院の薬剤師と薬局の薬剤師でどのような業務内容の違いがあるかや年収、人間関係、休日、残業の違いについても解説します。
需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容
需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容では、今注目の薬剤師の業務内容について説明しています。薬剤師は、資格を取得すれば職に就くことができるとあり女性に人気があります。子育て中や子育て後でも仕事をすることができます。
薬剤師の労働環境について
薬剤師の労働環境について解説してゆきます。薬剤師として働く方は非常に多いですが、その労働環境はどのようなものかを分析しています。残業が多いのか、あるいは働いた後でもずっと勉強しなければならないのかなどを記載しています。
病院での薬剤師の役割
病院での薬剤師の役割では、数多くある薬剤師の業務の中で病院薬剤師の役割について説明いたします。病院に勤務する薬剤師は、患者様とのコミュニケーションも大切にしなければなりません。
薬剤師の服薬指導について
薬剤師の服薬指導とはどのようなものかをここでは解説します。薬剤師は薬の調合が主な仕事かと思いの方も多いですが、服薬指導もとても重要な仕事のひとつとなります。