病院での薬剤師の役割

病院での薬剤師の役割

病院での薬剤師の役割

 

病院内で勤務をしている薬剤師の場合では、その役割として医師が指示をした処方箋によって、薬を調合、あるいは薬を用意することが基本的な仕事になります。

 

病院の科目によっても大きく薬剤師の仕事が変わることになり、科目数の多い場合では非常に数多くの薬から、指示通りの薬を間違えることなく提供することが使命とされています。薬剤師は国家資格に分類されている大切な職業になりますが、実際に行われている役割りの範囲は広く、単に薬を提供するだけではなく、患者に対して薬の飲み方についての詳細事項を伝えることも大切になり、薬の持っている副作用などを伝えることも大切です。

 

また、患者によっては薬の内容が変化することがありますが、病気などが改善されていく過程を目にすることもできるために、一定のコミュニケーション能力も必要になります。在庫品として用意している薬に対しても管理を行うことも大切な仕事になり、在庫管理の他に清掃作業なども行われていることも一般的になります。

 

近年ではジェネリック医薬品というものが広く認知されるようになりましたが、ジェネリック医薬品を取り扱っている場合では、その旨を患者に伝えて、薬を変更することも行われています。

関連ページ

病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較
病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較では、病院の薬剤師と薬局の薬剤師でどのような業務内容の違いがあるかや年収、人間関係、休日、残業の違いについても解説します。
需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容
需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容では、今注目の薬剤師の業務内容について説明しています。薬剤師は、資格を取得すれば職に就くことができるとあり女性に人気があります。子育て中や子育て後でも仕事をすることができます。
薬剤師の労働環境について
薬剤師の労働環境について解説してゆきます。薬剤師として働く方は非常に多いですが、その労働環境はどのようなものかを分析しています。残業が多いのか、あるいは働いた後でもずっと勉強しなければならないのかなどを記載しています。
薬剤師の服薬指導について
薬剤師の服薬指導とはどのようなものかをここでは解説します。薬剤師は薬の調合が主な仕事かと思いの方も多いですが、服薬指導もとても重要な仕事のひとつとなります。
医療現場で働く人々
医療現場で働く人々は業務に分かれて多数の方がいます。医師、看護師、薬剤師などその道の専門家がお互いに連携をとって患者に接してくれます。医療現場で働く人々について説明します。