病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較

病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較

病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較

 

薬剤師の職場としては実に様々な種類があります。しかし臨床の現場は医療の基本であり、その様な場所で働く仕事は薬剤師である以上は押さえておかなければなりません。全ての薬は医療の現場で用いられるものであり、病気を抱える患者のために役立てられるものなのです。

 

その様な病院薬剤師の業務の中でも大きく分けて2種類の仕事の形があります。一つは病院の中で医療チームの一員として臨床に携わる業務です。そしてもう一方は、院内あるいは併設の調剤薬局において薬剤の販売や調合を主に担当する場合です。

 

前者は実際に治療の現場に関与して服薬指導などの直接的な対応を担当することもあります。また医師の指示で特別な調合を行うこともあります。治療の現場において他の技術者では担うことのできない専門の業務を主に担当することになります。

 

後者は医師の各処方箋に従って薬剤を販売する業務です。間違いの許されない環境の中、最後の確認を行う責任重大な業務であるという特徴があります。医師の処方泉にもミスの可能性はありますし、薬を複数の見合わせている場合には禁忌の可能性を確認しなければなりません。こちらもまた他の技術者では代わることのできない業務を担っています。

関連ページ

需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容
需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容では、今注目の薬剤師の業務内容について説明しています。薬剤師は、資格を取得すれば職に就くことができるとあり女性に人気があります。子育て中や子育て後でも仕事をすることができます。
薬剤師の労働環境について
薬剤師の労働環境について解説してゆきます。薬剤師として働く方は非常に多いですが、その労働環境はどのようなものかを分析しています。残業が多いのか、あるいは働いた後でもずっと勉強しなければならないのかなどを記載しています。
病院での薬剤師の役割
病院での薬剤師の役割では、数多くある薬剤師の業務の中で病院薬剤師の役割について説明いたします。病院に勤務する薬剤師は、患者様とのコミュニケーションも大切にしなければなりません。
薬剤師の服薬指導について
薬剤師の服薬指導とはどのようなものかをここでは解説します。薬剤師は薬の調合が主な仕事かと思いの方も多いですが、服薬指導もとても重要な仕事のひとつとなります。
医療現場で働く人々
医療現場で働く人々は業務に分かれて多数の方がいます。医師、看護師、薬剤師などその道の専門家がお互いに連携をとって患者に接してくれます。医療現場で働く人々について説明します。