薬剤師の服薬指導について

薬剤師の服薬指導について

薬剤師の服薬指導について

 

薬剤師は医師の処方箋に基づき調剤を行いますが、その調剤行為を行う上でも、また患者さんに薬を安全にきちんと服用して頂く上でも服薬指導は欠かせません。

 

例えば初めて受診や来局された患者さんの場合、調剤を始める前に患者さんの背景、例えば今他に服用している薬があるか、合併症やアレルギー歴について確認しなければ、その処方箋が適切か判断し調剤、監査することはできません。

 

また、患者さんへ薬をお渡しする場合も、薬の飲み方や飲むタイミングをしっかり守って頂かなければ、効果が出なかったり、逆に副作用が出る場合もあり、平易な言葉で服薬指導をすることはとても重要です。

 

更に、いつも受診や来局されている患者さんであっても、例えば本来は急性期に用いる薬が漫然と続いていないか、新たに他から服用を始めた薬がないか等をしっかり確認しなければ、思わぬ副作用を招くこともあります。

 

また最近やサプリメントを服用している患者さんも多く、そういった話を引き出し確認することも大切です。なかには薬剤師と話すことを億劫に思う患者さんもあり、その意味を説明することが必要な場合もあります。

 

薬剤師が服薬指導をするにあたり、薬の知識は非常に大切であることは言うまでもありませんが、患者さんと適切に接し、話を引き出すことができるコミュニケーション能力の高さも重要です。

関連ページ

病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較
病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較では、病院の薬剤師と薬局の薬剤師でどのような業務内容の違いがあるかや年収、人間関係、休日、残業の違いについても解説します。
需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容
需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容では、今注目の薬剤師の業務内容について説明しています。薬剤師は、資格を取得すれば職に就くことができるとあり女性に人気があります。子育て中や子育て後でも仕事をすることができます。
薬剤師の労働環境について
薬剤師の労働環境について解説してゆきます。薬剤師として働く方は非常に多いですが、その労働環境はどのようなものかを分析しています。残業が多いのか、あるいは働いた後でもずっと勉強しなければならないのかなどを記載しています。
病院での薬剤師の役割
病院での薬剤師の役割では、数多くある薬剤師の業務の中で病院薬剤師の役割について説明いたします。病院に勤務する薬剤師は、患者様とのコミュニケーションも大切にしなければなりません。
医療現場で働く人々
医療現場で働く人々は業務に分かれて多数の方がいます。医師、看護師、薬剤師などその道の専門家がお互いに連携をとって患者に接してくれます。医療現場で働く人々について説明します。