需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容

需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容

需要が多くやりがいのある薬剤師の業務内容

 

薬剤師として社会で活躍する道はいくつかあります。医療職としては珍しく職業選択の幅がかなり広く、色々な道を選ぶことが出来るのです。まず最初の選択肢としては製薬会社の仕事があります。

 

業務内容は新薬の研究や効果の確認などの研究開発職や、新しい薬を社会に理解してもらい、病院で実際に使用してもらうMRと呼ばれる営業職があります。これらの仕事は成果主義であり、成果が上がれば良い待遇が得られます。

 

次に病院などの臨床現場での仕事が挙げられます。病院の薬剤師の業務内容としては院内で医師からの直接の指示で調剤をすることもあれば併設の調剤薬局で薬剤の販売を担当することもあります。どちらも地域医療を支える極めて重要な業務です。

 

そして最後の職場としてはドラッグストアチェーンなどの勤務と言う道があります。薬剤師としての仕事だけでもこれだけ多岐にわたる仕事があるのです。これらの中から自分自身の興味に沿った業務を選択することで生活していくことになります。

 

職業選択は自由ですが、それぞれの職業ごとにかなり難易度が違うという問題があります。一般に研究職は需要が少なくなりにくい職種です。一方でドラッグストアチェーンは現在も拡大を続けており、需要の増大が期待できる分野です。

関連ページ

病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較
病院薬剤師と薬局薬剤師との業務の比較では、病院の薬剤師と薬局の薬剤師でどのような業務内容の違いがあるかや年収、人間関係、休日、残業の違いについても解説します。
薬剤師の労働環境について
薬剤師の労働環境について解説してゆきます。薬剤師として働く方は非常に多いですが、その労働環境はどのようなものかを分析しています。残業が多いのか、あるいは働いた後でもずっと勉強しなければならないのかなどを記載しています。
病院での薬剤師の役割
病院での薬剤師の役割では、数多くある薬剤師の業務の中で病院薬剤師の役割について説明いたします。病院に勤務する薬剤師は、患者様とのコミュニケーションも大切にしなければなりません。
薬剤師の服薬指導について
薬剤師の服薬指導とはどのようなものかをここでは解説します。薬剤師は薬の調合が主な仕事かと思いの方も多いですが、服薬指導もとても重要な仕事のひとつとなります。
医療現場で働く人々
医療現場で働く人々は業務に分かれて多数の方がいます。医師、看護師、薬剤師などその道の専門家がお互いに連携をとって患者に接してくれます。医療現場で働く人々について説明します。